大阪市北区にある公営斎場で葬儀をしたいときは、大阪市立北斎場 葬儀手続き 24時間窓口をご覧になってください。手順が分かりやすく紹介されています。

 

04

1.ご臨終
病院でご臨終を迎えた場合、医師による死亡判定を受け、医師から死亡診断書を受け取ります。
ご自宅で亡くなった場合や、かかりつけの医師がいない場合は警察に連絡し、検死、死亡珍談書を出してもらいます。
*手続きが分からない場合や、不安な場合は、ウェルハートまでお気軽にご相談ください。
24時間365日、無料で電話サポート致しております。

2.故人様の搬送
故人様の安置が可能な施設への搬送を行います。(ご自宅で可能な場合はご自宅へ、ご自宅での安置が難しい場合は、可能な施設、または葬儀社に安置してもらいます)
*搬送先や搬送の手配が分からない場合などは、ウェルハートまでお気軽にご相談ください。
お車の手配から搬送まで、私共がお手伝いさせていただきます。

3.葬儀社へ依頼
信頼できる葬儀社にお葬儀を依頼してください。この際見積書を無料で出してくれる所や、見積もり後のキャンセルが可能な所を選ぶことが大切です。
*病院から紹介された葬儀社にそのまま連絡をとってしまい、葬儀社に依頼して詳しい説明のないまま葬儀を行ってしまいトラブルに発展するケースが多いようです。病院から紹介された所が安全とは限らないので、葬儀屋は充分慎重に選んでください。
*ウェルハートにご用命いただける場合は、以下の連絡先までご一報ください。24時間365日、受け付けております。また、ご相談のみのご利用も承っております。迷った場合はお気軽にご相談ください。

4.葬儀社と打ち合わせ
葬儀社の担当者との打ち合わせをしてください。お葬儀の形式や日取りなどの詳細を決定します。

5.お葬儀
打ち合わせ通り葬儀を行います。この際葬儀の担当者が進行を勤めます。
お葬式後マナー1

葬儀が終わったら

事務の引き継ぎ

葬儀が終わったら、遺族は出来るだけ早く世話役から事務の引継ぎをしましょう。葬儀関連費用の一部を世話役が立て替えていることがあります。その点を確認して清算しましょう。世話役から受け取るものは次の通りです。芳名帳、香典帳、香典、供花・供物帳、弔電・弔辞などです。

支払い

住職
住職への謝礼はお布施として渡します。住職が会食に参加しない場合には、御膳料をこちらから、出迎えをしない場合には交通費をお車代として渡します。

%e3%81%8a%e5%b8%83%e6%96%bd2

葬儀社
数日後に請求書が送付されます。内容を確認して支払います。


香典返し、法要の引出物に使います。

粗供養
法要の引出物に使います。

忌明け
忌明け法要で贈る香典返し、引出物に使います。

布施
寺や住職へのお礼に使います。

席料
寺の場所を借用した時、お礼金に使います。

車代
住職への交通費として渡す時に使います。

お葬式後マナー2

喪服の手入れ

和服
和服は、襟や袖口、脇などが汚れやすいもの。汚れていたら、ガーゼにベンジンを含ませ軽くたたくようにして落としましょう。また、和服用のハンガーにかけて、一晩ほどつるして乾燥させてからしまいましょう。

洋服
脱いだら必ずハンガーにかけて、風を通してしまいましょう。夏など湿気の多い季節は特に、汗などがカビなどの原因になります。着用後すぐ、クリーニングに出しましょう。

葬儀のアフターケア

謝礼

葬儀が終わった翌日、喪主と親族代表で謝礼を渡しに行きます。最近では当日に渡すこともあるようですが、一両日中に喪主が出向き、お礼を述べて渡します。仏式、神式では、奉書紙か、白い封筒に入れて渡します。最初に、寺院、神社、教会などへ葬儀翌日にお礼に行きます。それから故人との関係が深い順にまわります。

%e8%91%ac%e5%84%80%e3%80%80%e5%a4%a7%e9%98%aa106

仏式。神式の場合
御礼、御布施、御経料などは葬儀終了後か翌日に済ませましょう。お盆や菓子折りにのせて渡しましょう。

キリスト教式の場合
お花料、御礼で葬儀終了もしく翌日。献金の額は自由です。教会使用料は5?50万円。献金の他に、牧師(神父)とオルガン奏者などにもお礼が必要になります。

お葬式後マナー3

挨拶

勤務先への挨拶(故人が在職中の場合)
故人の勤務先にも挨拶に行きます。行く時には、自宅にある身分証明書、会社の鍵やバッチ、社会保険証、厚生年金、印鑑などを持参します。また、行った際にはデスク、ロッカーなどに置いてある私物をて持って帰りましょう。

近所への挨拶
近所への挨拶は、手土産を持参する必要はありません。ただし、協力してくれたことへのお礼はしましょう。他に挨拶をするところは、次の通りです。寺院、世話役、代表、お世話になった人、親戚、近所の人、故人と親しかった人、会社関係者などです。

納骨

仏式納骨

葬儀が終わったら、遺骨はしばらくの間自宅に安置します。納骨の時期は、七十七日忌(四十九日)の法要と併せて行うことが多いようです。また、初七日忌から四十九日忌までの7日ごとの法要の日から日を選んで納骨する場合もあるようです。なお、都合で納骨できない場合には、菩提寺に預かってもらい、一周忌や三回忌に納骨します。しかし、最近では業者に依頼する場合が多いようです。

納骨の手順
遺族や親族の手でお墓のふたを閉めた後、僧侶が読経し遺族らが焼香して、故人の冥福を祈ります。納骨式が終わったら、参列者をもてなします。
お葬式後マナー4

その他の納骨

神式の場合
神道では火葬後に埋葬しましたが、現在は五十日祭までに埋葬します。埋葬祭には神職呼ばなくてもよいようです。

%e7%a5%9e%e5%bc%8f%e3%83%bb%e7%a5%9e%e5%ae%98

神式の流れ
神式では、霊前祭、式年際に分かれます。霊前祭は、翌日祭、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭、清祓いの儀、合祀祭、百日祭と続きます。五十日祭が忌明けの儀式になります。近年、五十日祭と清祓いの儀、合祀祭を同日に執り行うことが多いようです。清祓いの儀は清めの儀式で、神棚封じの白紙をはずします。合祀祭は、故人の霊璽(れいじ・仏教の位牌の事です)を祖霊舎(みたまや)に移し、霊璽が祖先の霊と一緒になる儀式になります。

カトリックの場合
カトリックでは追悼ミサ(命日祭)を執り行います。故人の命日から三日目、七日目、三十日目、一年目などに、故人と親しかった人を呼びます。教会聖堂、自宅を会場とし、聖書の朗読、聖歌の合唱などを行います。その後、神父、参会者とお茶会を開き、故人を偲びます。

プロテスタントの場合
命日の一週間目、二十日目、一ヶ月後の召天記念式(祭)などに記念会を行います。記念会は、故人と親しかった人を呼んで、自宅などで開きます。家庭聖壇に御遺影を置き、生花を飾ります。牧師の祈祷と説教(聖書朗読など)、賛美歌の合唱などを行います。故人を偲び、人生を神に感謝すると共に、遺族を励ますお茶会を催します。

お葬式後マナー5

仮納骨

仮納骨
忌明け(四十九日)が過ぎて、墓地を購入しない場合は、菩提寺や霊園の納骨堂に預かってもらいます。これを仮納骨と呼びます。事前に菩提寺、霊園に申し込み許可を受けます。仮納骨では、僧侶にお願いして遺族、親族で供養するのが一般的。また、公堂の納骨堂は、寺に預けるより料金的に安価ですが、永久に預かってくれません。

永代納骨

準備
納骨の際は、納骨式を行います。遺族、親族以外には、親しい友人、知人を呼びます。宗教によっては卒塔婆が必要です。なお、納骨の際には埋葬許可証と認印が必要になります。

進行
菩提寺で七七日忌法要と納骨法要を合わせて行う場合には、本堂で四十九日の法要を行い、墓地へ移動して納骨式を行います。納骨式では、石蓋を開けてもらい、施主が骨壷を納骨室(カロート)へ納めて、石蓋を閉じます。持参した卒塔婆を墓石の後ろに建て、花や線香を墓前に供えます。僧侶の読経の後、順に焼香して故人の冥福を祈りましょう。
終了後
納骨が終わったら、故人の供養のため会食することが多いようです。簡単な引き出物を配る場合、忌明け後の納骨ならば表書きを忌明志、忌明け前であれば粗供養と書きましょう。志は忌明けの前後どちらの場合にも使えます。

位牌

亡くなった人の死亡年月日を記してまつるのが位牌です。位牌には白木位牌(野位牌)と、本位牌(黒塗り金箔つきや唐木位牌)があります。

白木位牌
白木位牌は葬儀の時に祭壇に安置し墓所に持って行きます。これと別に、忌明け法要の日までに本位牌が必要です。法要日に僧侶が白木の位牌から魂を抜いて、本位牌に魂を入れます。葬儀後、後飾りの祭壇に安置した白木の位牌は、納骨の際に菩提寺に納めます。

本位牌
忌明け法要(四十九日)には本位牌が必要です。仏具店などで塗り位牌を求め、戒名を彫ってもらいましょう。戒名を彫刻する時間がかかります。早めの準備が必要です。位牌は故人そのもの。永久的に礼拝供養します。塗り位牌は、開眼供養の後、自宅の仏壇に安置しましょう。

お葬式後のマナー6

香典返し

仏式
香典返しは、葬儀当日に渡す即返し(その場返し・当日返し)、七十七日忌(四十九日)の忌明け後に、忌明けの挨拶状を添えて送ります。ただし、故人が亡くなってから七七日忌まで3ヶ月かかる場合は、五七日(三十五日)に返します。
神式・キリスト教式
香典返ししないことになっています。しかし、最近では仏式の影響で香典返しするようになりました。神式の場合は、忌明け後の霊祭五十日祭に、キリスト教の場合は、1ヶ月後の召天記念日を目安に、挨拶状を添えて送ります。

選び方

香典返しは半返し。通常は香典の約半額の品を返します。しかし、最近では4割返し、3分の1返しなどでも良いようです。また、即日返しでも告別式の後に香典の金額にかかわらず一律の金額を返す場合もあります。物でのお返しでは、お茶、砂糖、シーツ、タオルセット、せっけんなどが多いようです。デパートでは香典返し専門コーナーを設けているところもあるようです。

お葬式後のマナー7

省略

最近では、故人の遺志によって香典を福祉関係や社会事業団などへ寄付することもあるようです。また、故人の遺族の生活が困難になってしまう場合には、香典を養育費の一部にあてることもあります。しかし、現在では香典返しが多いため、お返しが来て当然と思っている人もいます。香典返しを省略する場合には、礼儀としてその旨と使い道を案内状に加えましょう。

挨拶状

文面は決まった形式があります。葬儀社やデパートの香典返し専門コーナーなどで印刷してくれます。また、戒名だけを書けばいいように印刷してある挨拶状もあるようです。書き方は自由。ただし、弔辞の手紙は白無地の一枚の便箋に書き、一重の封筒に入れるのが習わしです。

形見分け

四十九日の忌明け後、近親者、友人、知人などに形見分けをします。七七日忌法要の後に行うこともあります。一般的には、自宅で不要になった故人の生活用品は家族で処分します。また、原則として目上の人には形見分けしません。

 

Q.突然の危篤。知らせる範囲はどこまで?

医師から危篤を告げられた方は、ご家族の方や親族、友人などお別れをして欲しい人に連絡しましょう。
親戚がたくさんおられる方は、三親等を目安にしてください。
お仕事で時間のかかりそうな方や遠方に住んでる方には早めに連絡することも大切です。
Q.自宅でご臨終を迎えた場合まずは?

担当医師に連絡を取り、到着するまでなるべくご遺体を動かしたりなさらないように。
急死や担当医師などいない場合は、110番に通報しましょう。そのまま警察の到着を待ちます。

Q.臨終とはどのような状態をいうの?

呼吸と心臓の鼓動が停止した時の状態を臨終といい、医師などが臨終を宣告します。
しかし法律上、臨終から1日(24時間)の間に火葬できないとしているのは身体の組織細胞が死滅するのに一昼夜はかかるからです。

Q.湯灌はどうすればいい?

ご家族で湯灌をなさる場合はなるべく早めになさってください。
しかし現在は病院で湯灌に変わる処置を行なってくれます。
また、湯灌専門の業者もおりますので、葬儀社などに相談してみてもいいと思います。

Q.遺体の安置角度に方角は関係あるの?

仏式では北、西枕が一般的です。お釈迦様が亡くなられた時、北向きに倒れていた事が由来になっています。
その他の宗派では方角など角度は特別意識していないようです。

Q.線香はなぜ焚くの?

線香を焚くと煙が天に向かって上がる事から、故人様が天国へ行くのに迷わないよう目印の役目をはたすと言われています。
できるようであればお骨になるまで焚き続けてあげれたらとおもいます。

Q.なぜ葬儀をおこなうの?

葬儀は浄土に旅立つ引導を渡すための儀式であり、故人様の冥福をお祈りし成仏なさる事を願いおこなうものです。
仏教では故人様が仏道を修め、戒律を授けられる授戒の儀式とされています。

Q.葬儀での席順ってあるの?

ご弔問などの方は気にせず上席から順に座りましょう。ただし、前があいてるのに後ろに座る事は故人様やご家族などに対しても失礼になるので上席から着席する事を心がけてください。

Q.焼香はどうすればいいの?

焼香には廻し焼香、立札焼香などがあり、お焼香の回数も宗派によって違い日蓮宗は1回、天台宗は3回などありますので、事前に調べておくと良いでしょう。

Q.戒名ってなに?

戒名とは故人様が仏道を修め、戒律を授かり仏弟子となった時につけられるものです。
枕経や読経のあとに依頼し頂くのが一般的ですが、仏式でない場合や故人様のご意向などで戒名をつけない場合や必要ない場合もあります。

Q.香典返しの目安はいくら?

いくらという決まりはありませんが、いただいた金額の半分程度を目安にするのがいいでしょう。
お茶やタオルや石鹸など消耗品にするのが一般的です。

Q.分骨することはできるの?

分骨とは遺骨を別のお墓などに分けて埋葬することをいい、前もって葬儀社に伝えておけば、分骨用の骨壺などを用意してもらうことができます。

Q.納骨する日取りは決まってるの?

特に決まりはないので、故人様やお墓参りする事なども考え慎重にお墓を選びましょう。
また、最近では故人様の意向で散骨する方も増えています。散骨を請け負う業者などもありますので、そちらに頼むのもいいでしょう。

Q.ご不幸をあとに知った時はなにをすればいいの?

お電話やお手紙を送るなどしてご遺族のご了解を得てから、遺影やお仏壇にお参りさせてもらいましょう。
お参りする際には心を込めてご冥福をお祈りするとともにご家族へ暖かい言葉やマナーなどの配慮も忘れない事が大切です。

20人規模の家族葬を行うのに必要なものがセットになったプランです。もちろん、葬具は一般葬の物と同等品を使用しておりますので、一般葬も充分対応できます。
*ウェルハートの祭壇は、一般葬儀向けの祭壇を使用していますので、急な会葬者の方が来られた場合でも充分対応できます。他の葬儀社様でも家族葬等の規模の小さな葬儀を提案していますが、良く見ると祭壇が小さく設定されており、実際に飾られる祭壇の大きさに違和感を感じる場合もございますが、ウェルハートの祭壇は従来通りの大きさなので安心です。
シンプルプラン
58万円(税込)
お客様ご自身で用意可能なお料理・移動用のお車を省き、無駄な出費を抑えたプランです。
シンプルプラン詳細へ

セット内容
祭壇 ○
棺 ○
遺影 ○
骨壷・位牌セット ○
枕飾り ○
受付用品セット ○
ドライアイス(一日分) ○
寝台車 ○
霊柩車 ○
火葬料金 ○
通夜料理(20人分) ?
精進落とし(20人分) ?
返礼品(20人分) ○
香典返し(20人分) ○
供花(2セット) ?
会葬礼状(20人分) ○
自宅用後飾り ○
セレモニープラニング ○
司会進行(1名)*3 ○
マイクロバス ?
○:含まれます
?:含まれません

⇒シンプルプラン詳細
まごころプラン
78万円(税込)
お料理はもちろん、棺・祭壇もセンスに溢れた物をご用意。お勧めのプランです。
まごころプラン詳細へ

セット内容
祭壇 ○
棺 ○
遺影 ○
骨壷・位牌セット ○
枕飾り ○
受付用品セット ○
ドライアイス(一日分) ○
寝台車 ○
霊柩車 ○
火葬料金 ○
通夜料理(20人分) ○
精進落とし(20人分) ○
返礼品(20人分) ○
香典返し(20人分) ○
供花(2セット) ○
会葬礼状(20人分) ○
自宅用後飾り ○
セレモニープラニング ○
司会進行(1名)*3 ○
マイクロバス ○
○:含まれます
?:含まれません

⇒まごころプラン詳細
彩プラン
98万円(税込)
棺・祭壇など、更に上質なものをご用意。最後の門出を彩り豊かに演出いたします。
彩プラン詳細へ

セット内容
祭壇 ○
棺 ○
遺影 ○
骨壷・位牌セット ○
枕飾り ○
受付用品セット ○
ドライアイス(一日分) ○
寝台車 ○
霊柩車 ○
火葬料金 ○
通夜料理(20人分) ○
精進落とし(20人分) ○
返礼品(20人分) ○
香典返し(20人分) ○
供花(2セット) ○
会葬礼状(20人分) ○
自宅用後飾り ○
セレモニープラニング ○
司会進行(1名)*3 ○
マイクロバス ○
○:含まれます
?:含まれません

⇒彩プラン詳細
雅プラン
118万円(税込)
棺・祭壇など、最上級の一品をご用意。最後の思い出に最上の演出をお約束いたします。
雅プラン詳細へ

セット内容
祭壇 ○
棺 ○
遺影 ○
骨壷・位牌セット ○
枕飾り ○
受付用品セット ○
ドライアイス(一日分) ○
寝台車 ○
霊柩車 ○
火葬料金 ○
通夜料理(20人分) ○
精進落とし(20人分) ○
返礼品(20人分) ○
香典返し(20人分) ○
供花(2セット) ○
会葬礼状(20人分) ○
自宅用後飾り ○
セレモニープラニング ○
司会進行(1名)*3 ○
マイクロバス ○
○:含まれます
?:含まれません

⇒雅プラン詳細

簡単!無料お見積もりはこちら 迷ったら、簡単!無料お見積もりを是非ご利用ください。 経験豊富なプランナーが、お客様のご要望・開催規模などに応じて、最適なプランをご提案いたします。 もちろん完全に無料です。他社と比べてみてください。
*1:お料理や返礼品など、人数によって変動する料金がございます。パックには20人までの料金が含まれております。また、20人以上のセレモニーを行う際でも、オプションを追加することにより対応可能です。

*2:生花をふんだんに使用した、暖かみのある祭壇です。従来の木製の祭壇に比べハイセンスなものが多く、近年の主流になりつつあります。また、生花は季節に合わせて四季折々のものを使用させていただいております。

*3:20人を超えるような規模の場合、スタッフが一人ではきめ細かいサポートを行うことは困難です。開催規模に応じて人員を追加できます。その際は一人当たり3万円の労賃をいただきます。

○ 初めての葬儀で、本当に何もわからない状態でしたが、何度も理解できるまで細かく説明をして頂いて有難うこざいました。私も含め遺族共々感謝してます。
東京都 S様
○ 家族だけの葬儀だったのですが、中身の濃い葬儀ができました。担当者の方のアドバイスで花の祭壇の祭壇を選択して正解でした。お別れの時に好きだった花をたくさん入れてあげる事もできて母も喜んでいると思います。家族だけでも良い葬儀ができるのですね。。
神奈川県 K様
○ 急に病院で亡くなってドタバタしなから電話でお願いをしたのですが、丁寧に解りやすく今後の動きを教えて頂いたので安心できました。通夜の時も最初の予定より弔問の人が増えてしまいましたが手際よく応対をしてくれましたね本当に助かりました。お墓について教えて欲しいことがあるので連絡をします。
神奈川県 Y様
○ 現代葬儀と言うのが何か最初は何もわかりませんでしたが、これからの葬儀は家族が中心で大きい小さい関係なく心のこもった葬儀だと実感しました、親戚の長老にも理解をしてもらえたし私自信、満足しました、ありがとう。
東京都 T様